金欠なのでちょっと急ぎでプロミスと契約してお金を借りたい!
何とか当日振込してくれないかな~!!!
って思っているそこのあなた!

▼申込みから最短1時間!当日振込融資も可能なプロミスWEB申込みがここ!
カードレス+時間のない

キャッシングの当日振込は時間との闘いになる場合でもありますが、
このサイトを読んで落ちついて情報を整理して申し込めば全然可能性はあるので大丈夫ですよ!
では早速本題に入りましょう。

プロミスで当日振込が受けやすくなる条件
※審査が通りやすくなる、という意味ではありません

  • 平日14時までに契約を完了させる
    ⇒審査時間を考えて逆算すれば13:00くらいまでにはネット上からWEB申込みを終えておきたい!
  • 希望の借り入れ額を50万円未満にしておく!
    ⇒50万円以上なら給与明細を予め用意すること。
    今日中に用意できないのなら当日振込は無理なので50万円未満で審査をお願いしてみましょう。

雇用形態に関係なく働いておりプロミスで借りるのが初めて!という方はすんなり審査に通る可能性が高いと思われますが、
そうでない場合はプロミス公式サイトにあるお借入シミュレーション3秒診断を受けてみてください!
生年月日、年収、他社利用状況から即時に判断ができます!

当日振込キャッシングなら基本は申込みリミット13:00まで!

まずプロミスへの申込み~審査終了までは急いでも30~40分です。
当日振込をしてもらうなら銀行が営業している15:00までに審査を終えないといけないため、
逆算して13:00くらいまでにはWEB申し込みを完了させた状態にしておきたいところです。

今時間は何時でしょうか?
ギリギリならちょっと急いでプロミス公式サイトから申し込みを行ってください!

尚、WEB上で情報入力したあとで本人確認の意味も含めて電話が来るかと思います。
その時に身分証明書(運転免許証でOK)の提出を求められますので、
スマホカメラ等で撮影し、データを専用ページからアップロードしてください。

※もし借入希望額が50万円以上になる場合は、収入証明書の提出も必要になります。
これは給与明細2か月か源泉徴収票が最も用意しやすいでしょう。

そしてその後、勤務先への在籍確認電話が行われ、
問題なさそうなら審査が終了して晴れて契約手続き&現金振り込みという形で借りることができるわけです。

【瞬フリ】15:00過ぎても着金確認できる例外パターン

もしあなたが三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っているとしましょう。
それならば審査が15:00を過ぎても24時間いつでも振込⇒着金までしてくれます。
この2銀行があればそこまで時間の制約はされない!ってことなんですよね。
これが瞬フリというプロミス独自のサービスなんですね。

ラッキーなことにちょうどこの2銀行のいずれかと使っているなら、瞬フリを利用してそこに振り込んでもらえばいいと思います!
必要ならこちらも:プロミスの瞬フリは当日振込の強い味方!やり方を確認しておこうか

振込以外で当日にプロミスからお金を借りる方法

今から申し込んでも審査が15:00まで終わりそうにない場合、
三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていない以上、
もう当日に借りるのは無理なの!?と思うかもしれませんが、銀行振込でなければ別に問題はありません。

具体的には申込み⇒審査通過⇒契約後に、
近くにある自動契約機まで行き、そこでプロミスカードを発行してもらいます。
プロミスカード

そしてそれを使って横にあるプロミスATMでお金を引き出せば良いんですね!
当日振込ではありませんが、当日キャッシングには成功しているので同じことですよね?

プロミスさん、土日でも審査~当日振込はしてくれるの?

はい、これについてはプロミスとしては一切問題なくやってくれますが、
さっきも言ったように土日は銀行の営業時間(日)ではないため、審査がOKでもあなたの口座で着金確認が取れません。
つまり引き出せない状態です。

プロミスへの振込依頼は土日でも関係なく出せますが、
要はあなたの口座でそれが確認できない状態なので実質的には当日振込されず、、、という結果になるでしょう。

ですがこれも前述の通り、三井住友銀行かジャパンネット銀行があれば問題ありません。
土日でも最短10秒で入金が確認できるようになっています。

土日審査の障害になるのが在籍確認です!

急いでいると周りが見えなくなりがちなんですが、
よくある盲点としては土日だと勤務先がやっていないから在籍確確認が取れない!ということ。

在籍確認作業はあなたの勤務先への電話を直接することで完了します。
もちろん「プロミスですが~」なんて馬鹿なことは言いませんが(個人名で電話します)、
会社のほうで電話が取れないとこの審査が終わりませんよね!?
これ、かなり大事なことです。
併せて読みたい:プロミスの在籍確認電話の内容をチェックしとけ!

じゃあ在籍確認なしにはできないのか?

残念ながらそれは基本的には出来ません。
プロミスに限らずですが、在籍確認をせずにお金を貸す業者なんて存在しませんので。

但し、基本の裏には例外もあり、
どうしても今日お金が必要ならプロミスに相談をしてみるという手もあります。
例えばですが在籍確認ができる社員証の写真も別途提出するなどして、
できるだけあなたの希望に沿うような審査をしてくれる可能性もあるのがプロミスのいいところですから。

【体験談】私がプロミスから当日振込で10万円を借りるまで

まずはじめてのキャッシングで大金が必要!というケースは少ないと思います。
大体みなさん10~30万円ってのが相場ではないでしょうか。
前述しましたが50万円未満の借入なら原則として収入証明書を準備する必要がないため、
サクサクと審査、手続きを進められる可能性があるのでおすすめですよ!

さて私の場合の10万円キャッシング体験記@プロミスなんですが、
具体的にはこんな感じの流れで申し込み以降を進めていけましたので参考にしてみてください。

クレジットカードの引き落としが落ちないことに気が付き…

某大手クレジットカードで多めに買い物をしてしまい、
金策に走るも引き落とし日までに10万円を入れないとどうしようもなくなりました。。。

ここで事故を起こしてしまうと遅延損害金も余計に払わないとダメですし、
今後家や車のローンを組めなくなる心配もあるためプロミスを利用することに。

とは言っても仕事場では申し込みはできないため、
朝にWEB上からフル入力にて申し込みを行い・・・

  1. 1.まずは朝のうちにプロミス公式サイトから必要な情報を入れ、本格的に申し込みを完了させておきました。

    ※この時、最初の選択肢としてカンタン入力かフル入力でやるか、という2択問題がありますが、
    個人的には急ぎならフル入力でやってしまっていいと思います。
    で、その後にプロミスコール(0120-24-0365)に直接電話して急ぎである旨を伝えるのが確実でしょう。

  2. 2.その後、業務中にプロミスから電話があり、一次審査はOKなので運転免許証を提出して欲しいとのこと。
      免許をスマホカメラで撮影し、それを受信したメール内にあった専用ページからアップロード。

    ちなみにこの際にメールで必要書類アップロードのページURLが送られてきます。
    そこにアクセスすればこんな感じのページに行けるのでここでデータをアップする仕組みになっていました。

    ※借入額にもよるのですが、これ以外に提出を求められるとすれば収入証明書です。
    これは給与明細で事足りるのでそれを用意するのが一番手っ取り早いでしょうね。
    尚、借り入れが50万円未満であれば収入証明書は原則求められません。
    参照:プロミスでのキャッシングに必要なもの、書類はこれ!

  3. 3.それから割と早い段階で会社に在籍確認の電話が!
    席にいたため、プロミス担当者の電話に代わって1分程度の確認の会話をして終了。

    ※在籍確認に関してはあなた自身が会社にいる必要はありません。
    電話に出た人が「○○は只今離席中でして~」と普通に対応すれば在籍の事実は取れるので大丈夫なんですね。
    必要以上に在籍確認電話をビビることもありません。
    オペレーターはプロミスです、なんて名乗ることもありませんし(個人名で電話をしてきます)。

  4. 4.そしてその後、別途携帯に電話があって審査通過とのこと!

    契約内容の確認を電話口でして、あとはメールで契約書の内容を見て契約完了!
    何とか15:00までに10万円入金してもらい、翌日のカードの利用額引き落としに間に合うことに。

    ※全ての審査が終わった後、あなたの信頼力に応じてキャッシングの枠が決まります。
    もし10万円を希望していても30万円までOKだとプロミスが判断すればその枠で打診があるでしょう。
    10万円以上の借り入れはしない!と決めていたら断ればいいでしょうし、
    もしかしたら使うかも、という不安があるなら提案された枠で契約すればいいですね!

へぇ~、振込人名義を変えてもらうこともできるんだ!

これは実際にプロミスに申し込むまでわからなかったんですが、
記帳した際に通帳に出る振込人の名義ってあるじゃないですか。
あれをプロミスのままでも良いんですが、パルセンターというものにも変更が可能だったんです。

今どこの銀行でもWeb通帳がよくあるので誰かに記帳内容を見られることはないかもしれませんが、
奥さんとかに見られるリスクがあるのがパルセンターにしておけばちょっと安心かもしれません。

このサイトのまとめ、管理人からのメッセージ

さて、ここまででプロミスでの当日振込キャッシングに関して大事なことは全て伝えました!
かなり分かりやすく場合分けして、体験談も載せて説明したつもりですがどうでしょうか。

現在、かなりお急ぎかもしれませんので、
だったらあとは早急にWeb申込みで情報を入れ、審査をしてもらう!これに尽きます。

で、その後にわからないことがあったらプロミスコールに電話して聞けばいいんです。
まずは進めないと何も現状は変わりませんのでレッツ申込み!と行きましょう。

あ、そうそう、プロミスでは初めての利用なら借りて翌日から30日間の無利息期間が続きます。
可能ならこの期間中に返済してしまいたいですよね!
それなら利息を1円も払わずにお金を調達できた!ってことになるのでこんな良いキャッシング方法はありません。

※30日間無利息サービス利用のためには、
カンタンなことではありますがメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をしてもらう必要がありますよ!

1か月で返せないにしても、余裕がある時に返済して少しでも元金を減らす、、、
これで払う利息も少なくなるのでそういう意識の仕方はすべきだと思います。

プロミス以外のキャッシングでも当日振込は可能か?

今回プロミス利用での当日振込をテーマに解説させてもらっていますが、
他にも日本には大手のキャッシング会社がありますよね?
そういうところでも当日振込でお金を貸してくれるのか?について情報をまとめておきたいと思います。

他の消費者金融の場合…
  • アコム
    平日の14時までの申込み、審査OKで当日振込が可能。
    但し、楽天銀行口座であれば曜日、時間に関係なく即振込での融資も可能。
  • アイフル
    平日の14時までの申込み、審査OKで当日振込が可能。
    それ以降の時間、また土日の即日振込は不可能。
  • SMBCモビット
    14:50までの審査完了&振込指定で当日振込可能

こういった形になっており、
アコムのみ、楽天銀行口座を持っていれば時間に関係なく振込が可能になっています。

また会社微差はあれど銀行の営業時間内に融資の審査が終わり、
振込依頼がされれば当日振込が可能となることに変わりはありませんでした。

※最速最短はあくまでプロミス!
振込依頼をして約10秒後には着金しているプロミスの瞬フリ。
ここまで速い振込サービスは今のところ他の消費社金融でもなく、プロミスが最速最短であることに間違いはありません。

その次に速いのがアコムの楽天銀行口座への振込であり、これで3分少々となっています。
まぁこれでも十分に速いのですが、プロミスの速さには到底及びませんね。

カードレス+時間のない